本を通して人と出会う旭区の”まちの図書館”

皆で本を持ち寄って本棚を作っていく。

 

そんな一味違った”まちの図書館”が、
旭区にオープンしたと聞きつけて訪ねてみました。

 

 

wa_0615_inokou_01

柳通沿いにある猪谷工務店の1階スペースにある”まちライブラリー@いのこうの家”

 

”まちライブラリー”とは、皆でメッセージつきの「本」を持ち寄り、
本を読んで感想を書いて「人」と交流していく活動です。

 

2011年春からスタートし、現在、全国で100カ所近く展開しています。

こちらの猪谷工務店でも4月からまちライブラリーとしてスタートされました。

 

 

wa_0615_inokou_03
まちの図書館として毎週金曜日と土曜日にオープンしており、
本を借りることも出来るし、カフェもあるのでゆっくりと本を読むことも出来ます。

 

 

wa_0615_inokou_04

ゆったりくつろげるカフェスペース
クーラーがなくても風が通り抜け、ゆったりとし時間を過ごせる気持ちの良い空間でした。

 

 

 

wa_0615_inokou_09

それぞれ持ち寄られる本が違うため、独特な本棚が出来上がるのが
まちライブラリーの魅了のひとつですが、こちらは、工務店ということもあり、
自然や森林の本、家や生活に関する本など建築や家に関する本がたくさんありました。

 

また、それぞれに感想カードがついており、オーナーや寄贈した方のメッセージが書かれています。
本を読んだら感想を書いて返し、またその本を借りた人が感想を書いていく、、、

本を通して人と繋がっていくところも楽しみのひとつです。

 

カフェスペースで不定期でイベントも行っているそうなので、
1000ピースとして何かできるといいな~と考え中です◎

 

 

wa_0615_inokou_02

オーナーの猪谷さんと、サポーターの西岡さん。

 

猪谷さんは、「いのこうクラブ」というボランティア団体も運営しており、

無垢の「木」をテーマに木材の端材を利用した「工作教室」なども開催しています。

 

 

 

 

猪谷さんおすすめの一冊「民芸の趣旨」

wa_0615_inokou_07

「どんな本なんですか?」と尋ねると、
ぜひ読んでみてくださいとのことだったのでお借りすることに!
借りたら返しにいかなくっちゃ!とゆうことで、
次、返しにいくときは、私もおすすめの一冊を持っていこうかと思います。

 

自分のおすすめの一冊が並ぶ本棚を想像するとワクワクしてきます。
みなさんも”おすすめの一冊”を持って、まちライブラリーへ訪れてみませんか。

 

※ご自身が”おすすめする本”の寄贈は、随時行っています。
不要な本の持ち込みはご遠慮ください。

 

 

 

wa_0615_inokou_05 wa_0615_inokou_08 wa_0615_inokou_06

 

 

まちライブラリー@いのこうの家

 

住所:〒535-0005 大阪府大阪市旭区赤川1丁目9-9

柳通り沿いの日本タクシー(西側)のすぐ奥にあります。
TLE:06-6921-0555
毎週金・土曜日 14:00~18:00

 

http://machi-library.org/where/detail/527/

 

文・写真:とっしー

 

 

 

後日談。

 

sirankattawa_inokou1

 

お借りした本を返しにいくときに、おすすめの一冊を持っていきました。

おすすめ本はいろいろありましたが、

建築に関係する本がいいなぁと思い、”ひっこし”の本にしました。

 

「10人の ゆかいな ひっこし」 安野光雅/著

 

大好きで大好きで、落書きもいっぱいして何回も読み返した絵本。

 

みんなにボロボロになるまで読んでもらえますように・・・☆

 

 

 

 

FacebookTwitterGoogle+

更新日:2015年06月25日| この街の人 暮らし 集い