3代目が活躍中!大宮の老舗”ベーカリー ビバ オオミヤ”

 

千林大宮から商店街を西へ400メートルほど進み

大宮神社の角を左へ曲がると見えるオレンジ煉瓦のパン屋さんが、

「bakery VIVA  ōmiya」さんです。

 

pantoko_viva6

 

1945年から続く、大宮の老舗パン屋さんです。

なんと今年で70年!

 

「ビバさん」の愛称で親しまれ、私も私の母も、

小さい頃からずーっと通っている思い入れのあるお店。

 

今回はそんなビバさんの3代目ご主人、飯田浩之さんにお話を伺ってきました~!

 

pp_0598_panni

こちらが、3代目ご主人のひろゆきさん。

気さくにお話してくださる、とても素敵なお兄さんです。

 

パン屋のお兄さん、ということで、
常連のお子さんからは「パン兄!」というあだ名で呼ばれる人気者のひろゆきさんも、
ここ大宮の地元の空気が大好きなんだそう。

 

千林界隈には、ずっとながくこの地で暮らしている人が多く、お隣同士、ご近所同士のつながりがより強いんですね。

 

お店のオススメは、

pantoko_viva4

大宮2丁目塩パン」!!!(100円)

 

pantoko_viva2

 

外はカリッと、中はバターがしみてふわふわもちもち。

しょっぱさ加減もちょうどいいんです。

私がビバさんへ行ったら、必ず買います。買っちゃいます。

大宮2丁目塩パン、というネーミングにも地元への愛を感じますね。

 

もうひとつの大注目商品は、

3代目クリームパン」。

焼きたてをゲットしたのですが、

あまりにおいしそうですぐに食べてしまい、写真を撮るのを忘れていました・・・。ごめんなさい・・・。

クリームたっぷりでずっしり重く、トングでは持てないのでカップに入っています。

パクッと一口かじると反対側からクリームが溢れちゃって、幸せ。

私の中のクリームパンでは歴代ナンバーワンの重量感、満足感が味わえる商品です。

 

 

 

また、いつも出迎えてくれるのはビバさん名物ビバ子さん人形と、

お店の看板娘の恵子さん。

突然の取材にも優しい笑顔でこたえてくださる、正真正銘の看板娘さんです。

 

pp_0599_vivasan

 

 

中学生の頃、部活の朝練で開店したてのビバさんに寄ってパンを買ったのを思い出すなぁ・・・

と一人でしんみりしていると、

「お姉ちゃん、昔よく来てくれたねぇ。お母さん元気?」とのお言葉が。

さらに「チョコレートのパンが好きやったよねぇ。」と!!!

 

そうなんです。薄くスライスされた柔らかいパンにチョコレートが塗られているこちら。

今も変わらず大好きです。

 

pantoko_viva9

スペシャルソフトブレッド(100円)

 

 

オススメ以外にも、ビバさんにはおいしいパンがまだまだたっくさん。

お総菜パンや、季節のパン、ケーキもあるんです。

 

pantoko_viva1

 

pantoko_viva3

 

中学生の頃ほとんど毎日食べていたんじゃないかという思い出のチョコチップメロンパンや

しっかりお腹にたまるボリューム満点のツナサンドなどなど、、、

 

 

 

pantoko_viva11

大宮の街で長く愛される老舗パン屋さんの、あったかい人と焼きたてのパン

みなさんもぜひ一度味わってみてくださいね。

 

 

 

pantoko_viva7

bakery VIVA ōmiya

定休日:日曜日
営業時間:6時30分~19時
場所:旭区大宮2-2-17
TEL:06-6951-2758

※曜日によって、パンの種類が違います。
詳しくは、店舗にご確認ください。

 

(文)つるちゃん/(写真)とっしー

 

 

 

 

FacebookTwitterGoogle+

更新日:2015年12月02日| お店 暮らし 食べる