こどもの笑顔が広がる本屋さん

 

どうも!自称 絵本大好きとっしーです。

今回は、森小路にある”風の本屋”さんをご紹介!

かわいいミッフィーのイラストが目印です。

 

 

 

 

kazenohonnya_20160115_05

▲京街道と森小路の十字路にあります

 

 

実は、普通の本屋さんとは少し変わった”風の本屋さん”。

 

何が違うのかというと「絵本がたくさんある」ということ!

 

 

 

店内に入ると、たくさんの絵本がお出迎えしてくれます。

kazenohonnya_20160115_01

 

kazenohonnya_20160115_02

気になるタイトルがたくさん~!

 

kazenohonnya_20160115_15

棚も絵本がびっしり!

懐かしの絵本から新しい絵本まで。

見ているだけでもわくわくします!

 

 

自作?!段ボールと木でできた飾り棚もかわいい。

 

kazenohonnya_20160115_04

 

 

こちらの”風の本屋さん”は、もともと3年前に100歳で亡くなった名誉店長の池田節夫さんが、

1950年に貸本屋としてスタート。

 

「子どもが安心して読める本を」コンセプトに児童書や絵本を中心に揃えられたそうです。

 

 

kazenohonnya_20160115_12

現店主は、義娘の池田文子さん。
レジの横には、節夫さんの写真も。

 

 

 

 

もともと、”絵本はこどものためのもの”と思っており、好きではなかったという文子さん。

「もちもちの木」(作:斎藤 隆介/絵:滝平 二郎)と出会い、絵本が好きになったそうです。

 

kazenohonnya_20160115_09

▲もちもちの木 原画

 

 

そう!そうなんです!

絵本は、子供のもの。と思っている方も多いのではないでしょうか。

もちもちの木もそうですが、大人も楽しめる絵本はたくさんあります。

 

 

こちらは、文子さんのお気に入りの一冊。

「いちにち にへん とおる バス」(作:中川 正文/絵:梶山 俊夫)

kazenohonnya_20160115_08

 

イラストも味があり、”大阪弁”な文章もおもしろい。

タヌキと人間のほっこりさせられる絵本でした。

 

 

 

また風の本屋では、毎週木曜16時から30分ちびっこ読み聞かせ会を開いています。

読み手は、主に旭区のボランティアさん。

 

kazenohonnya_20160115_13

▲本を避けて、陳列棚を椅子代わりに。

 

この日は、0歳児のあかちゃんやファミリーでの参加も。

 

読み聞かせが終わったあとにも、幼稚園帰りの子どもたちもぞくぞくと集まってきました。

「今日はこれー!!」と本を持っていく女の子。

「あの本ないのー?」と、先週読んだお気に入りの本を探す男の子。

 

小さな店内がみるみる子どもたちで賑わってきました!

 

 

「この時間が一番すき。」と話す、文子さん。

子連れのお母さん同士が話す憩いの場としても親しまれています。

 

 

一人で読む絵本も楽しいけれど、人に読んでもらうのも絵本の楽しみのひとつ。

気になる方はぜひ木曜日行ってみてください♪

 

 

 

 

そして、わたしは、3歳の姪っ子にお気に入りの一冊を買いました。

 

kazenohonnya_20160115_06

 

 

3歳にはまだ早いかなーとは思いましたが、頑張ってよんでくれました!

絵本おばちゃんになるべく、またかわいい絵本を探しに行こうかな。

 

 

 

kazenohonnya_20160115_14

 

【風の本屋】

〒535-0013 大阪市旭区森小路2-11-28

定休日:日曜日

平日:10-19時

土日祝:13-19時

TEL:06-6951-0498

MEIL:kaze-no-honya@mtf.biglobe.ne.jp

HP: http://www5e.biglobe.ne.jp/~kazehon/

 

 

 

FacebookTwitterGoogle+

更新日:2016年01月29日| お店 商店街 暮らし