千林の路地裏で見つけた古民家カフェ

家から徒歩1分。

こんなに近くにあるのに全く気が付かなかったお店がある。

 

 

 

千林商店街近く、住宅街にある”千恵里”さんだ。

 

1000bura_tieri_01

 

開いているときは、のれんがかかっているが、

閉まっているときは、門の前の小さな札だけ。

そりゃ気が付かない!

 

 

1000bura_tieri_02

 

門をくぐると、お店の入り口がある。

 

入口には、「入口です」と小さく書かれた表示のみ。

 

勝手に人のおうちに入る気分になって、

入るとき、ちょっとどきどきした。

 

 

 

 

中は、日差しが心地よい雰囲気のある空間。

 

1000bura_tieri_16

 

もともと実家だった家を改装し、お店にされている。

 

 

 

1000bura_tieri_11

 

 

足腰の悪い年配の方にもやさしいテーブル席もある。

 

 

 

 

 

ランチメニューは、「繋(つながり)定食」と「ほっこりカレーライス」。

 

「繋(つながり)定食」は、週や季節によってお品書きが変わる。

この日は、”にしんそば”。

 

 

1000bura_tieri_09

▲繋定食 1200円

 

菜の花の和え物、聖護院大根の煮物、

どれも、体も心もほっこりさせてくれる定食は、

メニューが変わるたびに食べたくなってしまう。

 

 

 

こちらは、「ほっこりカレーライス」

1000bura_tieri_17

▲ほっこりカレーライス 700円 (小400円)

 

シンプルなカレーだが、カレーに溶けた野菜の旨味がおいしい。

辛いのが苦手な私が食べて丁度いいくらいの辛さ。

 

 

 

 

ごはんを食べ終わって、ゆっくりとお茶を飲んでいると

デザートも気になってきた!

 

とゆうことで、食べることに。

 

1000bura_tieri_07

 

この日は、ガトーショコラ。

手作りケーキも季節によって変わる。

2月は、バレンタインということで”チョコ”ケーキなのだとか。

 

1000bura_tieri_06

▲手作りケーキセット 650円

 

ランチのあとでも食べられるように、ということでケーキのサイズは少し小さめ。

どっちも食べたい女子にはうれしい。

 

 

 

 

1000bura_tieri_04

 

千恵里は姉妹である、まりさんとえりさんのお二人で切り盛りしており、

すべて無添加というこだわりの手料理をおもてなししてくれる。

 

 

 

「昔は、家族が多かったからね。全部、自分たちで作ってたの。

今も同じことを続けているだけ。」

 

と、話してくれるお二人。

手作りのおみその教室とか開いてほしいなあ・・・と思っていると、

 

「昔、やったんだけどね。みんな、だんだんやらなくなるのよね~。」

 

と、言われてしまった。

ぐぐぐ、本当にその通りで、、、。

 

でも、ここに来たら、手間のかかったやさしいお料理を食べることができるのだ。

 

 

食材も季節のものを多く使用しており、

ほうれん草はほうれん草でも、”ちぢみほうれん草”を使うなど、

こだわりをみせてくれる。

 

 

 

 

1000bura_tieri_10

 

 

1000bura_tieri_13

 

 

1000bura_tieri_12

 

 

ゆっくりと流れる空間は、

 

日常のせかせかした時間を忘れさせてくれる。

 

 

 

季節のお野菜をつかった、おうちごはん。

 

自分への体のご褒美に、いかがだろうか。

 

 

 

 

 

1000bura_tieri_03

千恵里(ちえり)

 

〒535-0012

大阪市旭区千林1-4-6

TEL:06-6953-3722

定休日:月~水、日祝(お盆、年末年始は要確認)

時間:11~17時(ラストオーダー16時)

 

※店内の装飾品や他のお客様への配慮から、お子様連れをお断りさせていただいております。

予めご了承ください。

 

 

文・写真/とっしー

 

 

 

 

FacebookTwitterGoogle+

更新日:2016年02月23日| お店 まちあるき 商店街 食べる