パンの種類は約100種類!生まれたてのパン【パンファーレ】

京阪電鉄森小路駅東口から約徒歩5分の場所に、石窯パンの店【パンファーレ】ある。

 

新森中央公園での朝のラジオ体操の帰り道。
ガラス越しに見える、熱心にパン作りをされている店主の姿が印象的で、
「ここのパンを食べてみたい」と思ったのが、私とこのお店との出会い。

 

PP_DSCF0047

(レンガ造り風の見通しのいい外観)

 

 1993年開業。店主の望月さんは、機械設計の仕事を経て、パン屋で見習いとして働いた後、
なじみのある旭区で開業したいと思い、このお店を開かれた。
お酒は苦手で、甘党であることが高じて、パン屋を開きたいと思ったのが始まり。

 

PP_P1090716

(店主の望月勉さん)

 

 パンの生地は「いきもの」だと語る店主・望月さん。
生地作りを大切にされており、

「季節ごとの温度・湿度など気候の違いによって発酵の進み具合も大きく変わるため、

その時々の見極めが大事なんです。」と語る。
そして、こだわりの石窯を使って焼き上げるそのパンたちは、しっかりとしたいい食感!

 

PP_DSCF0012

(こだわりの石窯)

 

 

 毎朝3時から仕込みは始まり、パンの種類はなんと毎日約100種類!
食パンやバターロールなどの定番商品のほか、レンコンやごぼう、湯葉などを使った

色とりどりのパンが目でも楽しませてくれる。

 

(どれにしようかな?)

(どれにしようかな?)

 

PP_DSCF0042

(えびのプリッと感と湯葉の食感がいい!)

 

PP_DSCF0043

(ピザ系も豊富!)

 

PP_DSCF0041

(石窯焼きのパンは外はパリッと、中はモッチリ!)

 

PP_P1090742

(雪だるま、かわいいねっ!)

 

PP_P1090736

(シャキシャキごぼうパンとベーコンエピ。 ベーコンエピは 、1000ピースメンバー                                                   【はっし―】氏お気に入り!)

 

 

  「毎日、朝早くから仕込みが始まり、営業時間も長いので大変ですが、

お客さんから元気をもらって頑張れている。と望月さんは言う。

学生時代に買いに来てくれていたお客さんが、

お子さんを連れて買いに来てくれているというように、幅広い世代にわたるお客さんから支持されている   【生まれたてのパン パンファーレ】

 

KC4D000200010001

(ロゴにもパンが隠れてる!)

 

見た目にもかわいいパンや、フルーツの乗ったペストリー系などパンの種類の多さが楽しいお店!
そして、誠実さの伝わる望月さんも魅力です。

 

石窯のパンでココロもカラダもほっこり。

 

文:もっち

写真:もっち・はっしー

取材:さかもっちゃん・テス・はっしー・もっち

 

【石窯パンの店 パンファーレ】

所在地:大阪市旭区新森3-15-22

電話:06-6952-1572

営業時間:6時~19時30分

定休日:火曜日

FacebookTwitterGoogle+

更新日:2016年02月15日| お店 暮らし 食べる