路地裏にある純喫茶「再会」。元は名曲喫茶?

千林駅を降りてまっすぐ(あじな商店街方面へ)歩くこと30秒。

シブい色をした看板、「再会」がもう見えてきます。

 

100bura_saikai_11

 

 

よ〜し、入ってみましょう!

 

ドアをあけると、風格のある純喫茶。

 

100bura_saikai_08

 

正面の壁にドカンと書かれている文字が飛び込んできます。

「coffee & sweet wine Saikai」

(喫茶店なのに wine?しかもsweetってなに?)

 

100bura_saikai_03

 

レジの横には大きなレコードプレーヤー?的なのが

3つ以上積み上げられている。

(喫茶店なのに、なんでこんなにプレーヤーが?)

 

100bura_saikai_04

 

 

2Fもある。かなり広いスペースです。とてもレトロですが清潔感あり。

 

100bura_saikai_07

 

 

ここは、ただの純喫茶ではない!

 

 

「再会」のむかしは、音楽とお酒とコーヒーのお店

再会は創業してから60年以上経ちます。当初は、周りに喫茶店がなく

お店の前の路地は、京阪千林駅とダイエーを結ぶ抜け道として人通りが多かったと言います。

深夜2:00まで営業して、お酒も出していたため、

日中、ダイエーに行くお客さんから仕事終わりのダイエー社員さん達まで、

たくさんのお客さんで賑わっていました。

 

100bura_saikai_10

 

さらには

1代目の竹村正明さんは、電気機器と音楽(ラテンタンゴなど)が大好きで、

お店の壁にスピーカーを100個くらいを埋め込み、音楽を鳴らしていた。

そのコダワリの音を聴きに来るスピーカー好きや、音楽好きの常連さん達が夜な夜な集まり、

みんなで音を楽しんでいたそうです。

 

そんなこんなでお店は大繁盛。

 

その影響からか、喫茶店をはじめる人が増え

お隣の5件ぜ〜んぶが喫茶店だった時代もあるそうです。

 

 

京都の喫茶店「再会」を訪れ・・

開業前、奥さまと行った京都の喫茶店「再会」に感銘を受け、

こんな風にお店をしたいと二人で強く思ったそうです。店名の由来です。

 

 

100bura_saikai_01

 

女性2人が切り盛りする再会

この通りで残っている喫茶店は再会だけとなった。

現在は、3代目オーナーの竹村佳恵さんと、真理子さんの二人三脚で

メニューの考案から運営をしている。お二人とも穏やかに微笑む素敵な女性。

 

コーヒーの種類もたくさんあるけど、

フードメニューも豊富!

 

100bura_saikai_12

 

人気メニューは「タマゴサンド(ハーフ)」

絶品です。騙されたと思って頼んでみてください。

タマゴサンドは代々女性が焼いていると言います。

作り手によって、引き継いだレシピにアレンジが加わり

進化し続けるタマゴサンドです。

 

 

100bura_saikai_09

 

お店のイチオシ、「ミックスジュース」

美味しい!騙されたと思って頼んでみてください。

ここのミックスジュースはみかんの味が強めのサッパリ系。

「ミックスサンド」との相性が最強!だそうです。

次はぜひ合わせて注文したい。

 

モーニングあり! (9:00〜11:00)

飲み物代+100円(ゆでタマゴとトースト付き)

 

 

100bura_saikai_06

 

2代目オーナーの竹村英明さんです。(偶然!ラッキーです。)

英明さんは、姉妹店「ワンモア」の1代目でもあります。

 

 

100bura_saikai_02

 

ワンモアの現マスターもお店にいました。マスターの娘さんたちもお手伝い!

(マスターの奥さまも、再会の看板娘です。)

 

 

路地について

「路地に並ぶお店の魅力は、ほとんどが小さいお店だけど、店主のカラーがより濃く出ている。

時々、面白い人に出会えることがありますよ〜」(ワンモア現マスター)

 

 

文 よっちゃん / 写真 とっしー、マスターの竹村俊彦さん

 

 

 

100bura_saikai_11

 

【再会】

 

住所:大阪市旭区千林2-15-18

電話:06-6953-9761

営業時間:9:00〜20:00

定休日:月に一度の日曜日(お店に直接確認してください。)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

FacebookTwitterGoogle+

更新日:2017年05月23日| お店 まちあるき 商店街 食べる