千林商店街 老舗若大将のホンネ。

たくさんのお店や住居が存在する千林。

 

私たちはそこに注目し、「1〇〇〇ピース不動産」では、
実際にお店を出している人、住んでいる人のリアルな話を通して
このまちの魅力を伝えていきたいと思います。

 

今回は、ちょっと真面目に?

千林商店街で店を構える老舗3代目に店づくりや、商店街での商売について話を聞いてみましょう!

 

 

fudousan_wakadanna_kato

●加藤銘茶本舗 3代目 加藤さん

ずっとこだわっているのは、自家焙煎。
産地の名前にたよらない「加藤のお茶」にお客様がついてくれていると実感中。
大型店舗やネットなど、買い物の選択肢が増えていくなか、「お茶を売っている」のではなく『“お茶のある時間”という楽しさを 売っている』ことを意識して店作りに励んでいます!

 

fudousan_wakadanna_daiki

●タンポポキッズ 3代目 西川さん
子供服を取り扱っているので、大型店舗・ネットショップどこでも買えるのは仕方のない現実
そこで商店街の特性を生かし、商店街らしい店作りと馴染みのスタッフが丁寧に接客する『“お得意様”というスペシャルな気分』を商品+αで持って帰って頂きたいと考えてます!

 

 

fudousan_wakadanna_imani

 

●シューメイト花幸 3代目 今西さん

お店は家族経営というスタイルで経営中。
個店の特徴を出すためにも地域のお客様のニーズに応えるためにも「シューフィッター」の資格を取得したいと考えています。
守るだけではダメ、競い合って良くなることもあるはず。
個店だけで完結せず、商店街全体で意見を持ち寄り活かしていく体制作りが大切では?

 

 

fudousan_wakadanna_yama

●陶器やまもと 3代目 山本さん

単なる「食器屋さん」ではなく『生活提案』していける店作りを目指しています。
そのために食器を使うその先の生活も想像してもらいたいとディスプレイ用の棚を自作し、店の変革をもくろみ中。
二代目にもあったろう、先代との確執や折り合い・・・でも、お互い刺激しあって、個性あふれるお店を作っていきます!

 

1〇〇〇ピースのドリームメーンバーとして、
普段は明るく楽しい若旦那たちですが、
商店街、お店のことを真面目に取り組んでいるカッコイイ一面を知ることができました♪

 

そんなかっこいい若旦那たちの作っていく商店街!楽しみです!

FacebookTwitterGoogle+

更新日:2013年08月21日| この街の人 暮らし