千林の和菓子屋さんといえばここ!伝統の美味しさ【千林・力餅】

老舗和菓子店の【千林・力餅】さん。

千林住民なら知らない人はいないのではないでしょうか。

 

 

 

創業は昭和10年(1935年)。

今年でなんと89年になります!

長年地元のみなさんから愛されてきたお店です。

 

 

3代目店主の青山さんにお話をうかがいました。

 

 

玉造でお菓子作りの修行をされていた

青山さんのご祖父様が独立し、千林の地で創業。

当時から商店は立ち並んではいたものの、

まだ今ほどのしっかりとした商店街ではなかったそうですよ。

 

ちなみに関西圏、特に大阪・兵庫で

よく見かける「力餅食堂」さん。

屋号は同じでも、それぞれのお店が個人経営の商店なんです。

暖簾分け制度をとられていて、一定の年数修行を積み

親方の信頼を得たら独立できるそう。

 

 

力餅さんといえば、うどん屋さんを

イメージされる方が多いのではないでしょうか。

創業当初より、うどんと和菓子の2本柱で

営業をされてきましたが、2021年9月からは、

和菓子・赤飯・餅などの 店頭販売のみに変更されています。

 

 

 

人手不足やコストなどの問題で、

どちらか1本に専念した方が良いだろうと

3代目である青山さんが踏み切ったそう。

「どちらを残すかは最後の最後まで迷った」とのこと。

 

お店の改装とともに、

和菓子店へと生まれ変わった「千林・力餅」。

意外にも、青山さん自身は甘いものが苦手なのだとか。

「甘いものが苦手な人でも食べられるように、

こだわって作っている」

 

 

 

砂糖を少なくし、素材そのものの味を生かす。

砂糖を多く使わないということは、日持ちもしないので

いつでも新鮮なものを提供している証拠です。

毎朝その日に作ったものが、お店に並べられます。

 

無添加、国産もち米、十勝産小豆を使用。

もち米を二度蒸ししたり、

かしわ餅は蒸してから冷や水でしめたり、

余計なものは加えず、素材の良さと一手間で勝負されています。

 

 

定番人気のおはぎは、つぶあんの食感と

もち米のやわらかさがほどよくマッチ!

たっぷりのきな粉をまぶしたきなこ餅は

甘さ控えめで、大きいけど何個でも食べられそう。

 

 

 

抹茶うぐいすは通年通しての人気商品。

ほろ苦い抹茶とおはぎの組み合わせが絶品!

彩りも鮮やかでさわやかな一品です。

 

 

 

土日限定販売の豆大福。

こちらも甘さの中にいい塩梅の塩味が効いていて、

バランスが抜群です。

 

 

 

夏季限定のわらび餅やあんみつも人気。

秋は栗大福、冬~春はいちご大福と、

季節ならではの商品も色々と考案されています。

 

 

 

休日やイベントなど早いときで16時頃、

それ以外の日でも17時頃にはすべて売り切れるそうです。

商品がそろっている午前中が狙い目ですよ!

 

「千林のお客さんは値段にシビアだから、

そこの兼ね合いも難しい」そう語る青山さん。

実は学生時代からイギリスに留学するなど

海外生活が長かったそうで、お店を継ぐ前は

フィリピンで日本語教育のお仕事をされていたとのこと。

 

その後、お店の手伝いをするようになり

「イギリスに行かせてもらったのも、

この家の商売のおかげだった」

と改めて家業のありがたさに気付いたのだとか。

 

とはいえ和菓子のことは未知の世界だったので

お菓子教室に通い、1からお菓子作りを覚えたそうです。

ちなみに、お店では販売していないものの

お客さんからの要望があればお応えできるように、

練りきりなどの和菓子も学ばれたそうですよ。

 

 

 

店内のスペースを利用して、お茶会を開催したり

和菓子教室を開くのもいいなと

今後の展望を語られていた青山さん。

 

 

 

ただ、もっとこうしたい!といった大きな野望はないそうです。

これまで通り変わらず、期待しすぎず、そこそこ毎日頑張るだけ。

「辞めたくなったらいつでも辞める精神でやってる」

そう笑って話す姿には、だからこそ気負わずに

毎日コツコツと努力を重ねていける強さを感じました。

 

 

「人見知り、という意味がわからない」とおっしゃるほど、

気さくに楽しくお話をしてくださった青山さん。

うどんは作り方を忘れないように今でも作っているそうで、

商店街のイベントなどで、機会があれば復活するかも..?

お客さんに喜んでもらえるように、

その一心で 今日も和菓子作りに向き合われています。

 

 

文:なっつ

写真:とっしー

 

 

 

 

【千林・力餅】

大阪市旭区千林2-15-29

定休日 火曜日・水曜日

営業時間 10:30~売切次第終了

Instagram  https://www.instagram.com/chikaramochi_1000/

 

 

 

更新日:2024年05月24日| たべる