ネルドリップ一筋で四世紀半。

pantoko_kitano1

千林商店街から京街道に入ると”ネルドリップ式珈琲専門店”の看板が目に飛び込んできます。
そこが名物マスター北野慶一さんのお店、「キタノコーヒー」です。

 

北野さんがお勤めを辞め、お店を開いたのは1989年。
今年でなんと四半世紀。ネルドリップコーヒー一筋です。

 

※ネル ドリップ とは?
ネルと呼ばれる布製のフィルターに挽いた豆を入れ、上から お湯を注いで淹れたコーヒ ー。18世紀にフランス原型が 誕生。ペーパードリップはその200年後に誕生した。

 

pantoko_kitano

 

なぜネルドリップコーヒーの専門店を開いたんですか?

 

\ちなみに、 タイガースも大好き/

僕はコーヒーが好きで人も好きなんですね。だから喫茶店をやろうと思ったんです。
そしていろいろな淹れ方を試した結果、僕自身がネルに惚れました。ネルが僕に惚れたかどうかは分かりませんが(笑)

 

美味しさのこだわりを教えて下さい。

 

\挽きたて!/

ネルは使い込むほど珈琲色に染まって、ネルの目がつまり、落ち方がゆるくなっていくんです。そうなるとペーパーよりコーヒーにコクがでます。
また、その日の気温や湿度、豆の種類によってもネルの種類を使い分け、お湯の温度も調節しています。ネルは洗い方や保管などにも手間がかかりますし、何より取り扱うには技術がいるんですよ。
もちろん豆にもこだわりがあります。キタノブレンドの豆は農園や種類を考慮し、しかも手で選別し自家焙煎しています。

 

 

ところで棚に素敵なカップがたくさん並んでますね。

 

\マスターも 選ばせて~(笑)/

僕はカップが好きなんで、並べてあるもの以外にも全国から集めたものが約250客あります。月替わりで39客を棚に並べています。コーヒーは7種類から選べます。カップも選べます。でもマスターだけは選べません(笑)

pantoko_kitano4

 

千林で育った北野さん、この街の良さって何ですか?

 

\プロになった 方も!/

人情味があっていい街。僕は好きです。このまま優しくて住みよい街が保てればいいですね。地域の人たちにコーヒーをもっと楽しんでもらえるよう、コーヒー教室もやってますよ。

 

pantoko_kitano3

私たちは北野さんご自慢のおいしいネルドリップコーヒー を堪能し、また次々と飛び出す軽妙な“トーク”も満喫しま した。
皆さんもぜひキタノコーヒーで、ネルドリップとマス ターのトークを楽しんで下さい!
次回は、パントコチームが キタノコーヒーの「おいしい コーヒーの淹れ方教室」を体験します。乞うご期待!

 

キタノコーヒー

旭区森小路2-10-7 (森小路京かい道商店会)
TEL:06-6955-3850
営業時間:7:30~18:00
定休日:不定休(元旦除く)

 

※2014年に北野マスターが辞められ、
現在は新しいマスターが営業しております。
営業時間等、現在確認中です。(2015.02.27)

FacebookTwitterGoogle+

更新日:2013年07月04日| お店 暮らし 食べる