書道家!ラブリーマンよっちゃん

 

kossori_lovely2

久しぶりにエネルギッシュな青年に出会った。

 

彼の名は「ラブリーマンよっちゃん」

 

書道アーテイスト。

20歳の時一人で旅に出る。

2日目に財布を落とす。

ふつうならここで家に帰る。

 

しかし彼はなんとそこでストリートパフォーマンスを始めた。

昔出会った<書>の師匠を思い、路上で書を書いた。

気に入ってくれた人には書を売った。

 

すべてはそこからは始まった。

 

 

kossori_lovely1

 

kossori_lovely3

 

「芸術は爆発だ。芸術は生きることそのものだ。」

と言った天才がいた。

 

彼の何が人を惹きつけるのか。

 

4年がたち、路上パフォーマンスで貯めたお金で母校龍谷大学の

西隣にバーをオープンした。

 

そこは大学生が気軽に立ち寄れる場所。

もっと楽しい人生を送ってほしいとエールを贈る場所。

バーの名は「ドリームチャージ」

今は店を人に任せ、書に打ち込む。

 

 

kossori_lovely6

 

kossori_lovely7

 

 

飲食店の看板からアーテイストさんへのものと幅広い分野で活躍。

なかにはGACKTさんからの注文も。

 

月に何度かのトークライブのテーマは

「常識のとっぱらい方」

「愛の分かち合い」

 

アート書道教室のテーマは

「夢の叶え方」

 

ワークショップも精力的に行う。

 

 

kossori_lovely4

 

そんな彼が今、楽しみにしながら取り組んでいることがある。

生まれ育った京かいどう商店街の河内屋米穀店を拠点として

青少年のためのオープンスペースを作ること。

 

 

サンクチュアリ出版の「暗やみ本屋 ハックツ」をご存じだろうか。

10代の未成年者を対象にした本屋だ。

本はすべて地域や全国の大人からメッセージを付けて寄付されたもの。

「この本を青少年に読んでもらいたい」との思いをこめて。

本を気に入れば100円で買うことができる。


暗やみ本屋 http://www.sanctuarybooks.jp/staffblog/index.php?e=734

 

 

ここには今はまだないが、

スペースが出来ればトークライブやワークショップをしながら

青少年に応援メッセージを送り続けたい

これが彼の目指すもの。

 

2016年春に向かって

今、音をたてて京かいどう商店街が変わりはじめている。

 

 

朴井義展27歳は人生のパートナーさっちゃんと二人三脚で走る。

テーマは

「生きるとは愛<じぶん>を出し切ること」

やっとわかった。

 

彼の人生は芸術そのもの、それが人をひきつける。

 

 

kossori_lovely5

 

 

朴井義展(27歳)/書道家”ラブリーマンよっちゃん”。
トークライブやアート書道教室、ワークショップなどを開催する中、
京かいどう商店街の河内屋米穀店(森小路2-10-11)のガレージを改装し、オープンスペースを作るために日々奮闘中。こうご期待!
文 あっちゃん
写真提供 ラブリーマンよっちゃん

 

 

 

 

FacebookTwitterGoogle+

更新日:2015年11月26日| この街の人 暮らし