心にも体にも優しい大阪の味

「こっそりみてみて」では、気になるあの人をこ~っそりお伝えします。

 

今回は、 うどん屋さんをこっそり取材しました。

 

a632f4076b6074d56700864a7ef83e15

京阪千林駅を右に20mほど行くと、うどん屋「小ざくら」がある。

 

過去に店主が話していた「大阪のうどんは出汁が命」との言葉が気になり伺ってきた。
とにかく昆布とカツオの一番出汁が命。
特にカツオは火力の微調整に全神経を注ぎ込む。そして黄金の出汁を最高の状態に仕上げる。
(店主の味を気に入った人に食してもらいたい)

出汁は薄めだがしっかりとしたコクがパンチをきかせており、旨味が溢れ出す。
麺は讃岐うどんのような力強いコシはなく、女性のような柔らかい優しさを纏っている。

 

大阪文化は粉もんイメージが強いが、知らず知らずのうちに口にしているものである。

 

今回の取材で大阪の味を再発見することができた。
千林商店街の数少ない職人の確かな味を誇りに思う。

 

宮田幸茂(文)/岡田浩二(写真)

 

中村 幸一/
創業昭和14年、小ざくらの3代目大将。職人らしく頑固だが、実は照れ屋で優しい一面も。
隠れた人気メニュー「究極の親子丼」もおすすめ。こっそり食べてみてみて!

FacebookTwitterGoogle+

更新日:2013年08月22日| この街の人 暮らし